転ばぬ先の杖?スマホ修理業者による注意点の違いを把握しておこう


スマホを購入した正規店で修理する際の注意点

スマホを購入した正規店での修理は、メーカーの工場で修理し、中身も出荷状態に戻されるため、修理後は安定して動作してくれます。しかし何かと注意すべき点が多いのも正規店の特徴です。まず1つ目は修理にかかる期間が長い点です。スマホ正規店は修理をするためにメーカーの工場に修理品を送る必要があるため、運搬と修理の時間を含めて最低でも2週間から、長いと1ヶ月以上掛かるケースが多く、とても待たされる傾向にあります。また修理したスマホは初期化されてしまうため、もし中に大切なデータを入れている場合はすべて消去されてしまいます。いざという時正規店で修理したいのなら、本当に大切なデータはメモリーカードなどに移しておくなど普段からの対策が必要になるでしょう。

また正規店での修理は保証期間内なら無料で済むこともありますが、保証期間外だと非常に高い傾向があり、コスト面でも痛い出費になってしまうかもしれません。

スマホ修理業者に修理を依頼する時の注意点

スマホ修理業者はお店の修理スペースでスマホを修理する、迅速なサービスが特徴のお店です。店舗での修理なので対応が非常に早く、持ち込んだその日に修理が完了してすぐに持って帰る事ができる場合もあります。修理方法は壊れているパーツを他メーカーの代替可能パーツに入れ替える形で行うため、場合によってはパーツ同士の相性が悪く、不具合が出てしまう危険性があるので、稀に修理後に動作が不安定になる危険性などがあります。また当然ながらメーカーの保証サービスを受けることはできないため、保証期間中であってもお店の定める修理料金を支払う必要があります。

インターネット上から修理の予約を申し込むことができるのが、スマホ修理の梅田です。必要事項を入力し、日時を指定するだけで予約を完了できます。