正規以外でスマホ修理を依頼する際の注意点を解説!


正規のサポートが受けられなくなる可能性が高い

通常スマートフォンが故障した場合は素人ではどうにもならないので、正規の修理依頼をするものです。ただそれとは別に身近にある修理店に任せると、コストを下げたり作業にかかる時間を短くすることができます。そしてそんな修理店に出す場合は注意しなければならないポイントがいくつかあり、ひとつは正規との関係です。大抵の場合で正規とは異なる修理を一度でも行ってしまうと、それ以降のサポートが受けられなくなります。そのため購入して間もないスマートフォンだと、将来のことを考えて避けておいた方が良いでしょう。逆に正規のバックアップがほとんど期待できない機種では、修理店の恩恵を最大限に受けられます。

修理店の技術力には差がある

正規でないスマートフォンの修理店は、技術力に差がある点にも気を付けなければなりません。比較的簡単な作業であればどこでも安定した仕上がりが期待できますが、基盤に触れるような高度な部分だと、設備も含めた差がはっきりしやすいです。また交換する部品も多種多様で、中には安価な代わりにあまり性能が良くないものを使うところもあります。修理を依頼する場合はそのようなところを選んでしまわないことが大切です。実際に利用したことがある人の感想を参考にしたり、技術面でアピールしている部分に目を向けるなどして、表面だけで決めないようにしましょう。機種次第では正規だけだと修理がスムーズに進まないという理由から、公的な認定が出されている場合もあるので、それも判断要素になります。

スマホ修理の三宮と言われるほど、三宮の高架下はスマホ修理店が立ち並んでいます。人気の理由は、安くて修理が早いという点にあります。